naoso 建築リノベーションポータル

会員様ログイン

ユーザーID:
パスワード:
初めての方へ naosoって、何?

nanoso リノベーション navi

リノベーション法人・団体検索
リノベーション製品・サービス検索
naosoマイスター

R&Rニュース

建築物リフォーム・リニューアル工事平成22年度上半期受高は4 兆1,893 億円(前年同期比6.4%の増加)と発表。

建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成22年度上半期受注分)

2011/06/30


(国土交通省)
 
 国土交通省はこのたび、建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成22年度上半期受注分)をまとめ、発表した。同省はリフォーム・リニューアルの市場規模の把握と建築物ストックの有効活用を促進するため、平成20年度上半期受注分から建築物リフォーム・リニューアル調査を実施している。

★建築物リフォーム・リニューアル工事の受注高
(1)工事種類別 建築物リフォーム・リニューアル工事
受注高は4 兆1,893 億円。(前年同期比6.4%の増加)
うち,住宅に係る工事は,1 兆3,962 億円(同3.0%の減少)
非住宅建築物に係る工事は,2 兆7,932 億円(同11.8%の増加)
(2)業種別 住宅に係るリフォーム・リニューアル工事
建築工事業は,9,213 億円。(同4.5%の減少)
職別工事業は,3,431 億円。(同68.5%の増加)
(3)業種別 非住宅建築物に係るリフォーム・リニューアル工事
建築工事業は,12,534 億円。(同7.2%の増加)
一般土木建築工事業は,6,270 億円。(同2.0%の減少)

★建築物リフォーム・リニューアル工事の工事内容
(1)用途別=学校の校舎,共同住宅,一戸建住宅の工事の受注高が多い(前年同期は,学校の校舎,事務所,一戸建住宅)。
(2)住宅の利用関係別=賃貸以外の受注高が賃貸より多い(前年同期と同様)。
(3)発注者別=住宅に係る工事では個人から,非住宅建築物に係る工事では民間企業等からの受注高が多い(前年同期と同様)。
(4)工事前後の用途=店舗,事務所を住宅に用途変更する受注件数が多い(前年同期と同様)。
(5)目的別=劣化や壊れた部位の更新・修繕の受注件数が多い(前年同期と同様)。次いで,省エネルギー対策を目的とした工事に係る受注件数が多い(前年同期は,住宅に係る工事では,高齢者・身体障害者対応,非住宅建築物に係る工事では,省エネルギー対策)。
また,主たる工事目的別にみると,住宅に係る工事のうち一戸建住宅では,省エネルギー対策,高齢者・身体障害者対応,耐震性向上の受注件数が多く,非住宅建築物に係る工事のうち学校の校舎では,耐震性向上の受注件数が多い。
(6)工事部位別=住宅に係る工事では,内装,給水給湯排水衛生機器設備の工事の受注件数が多い(前年同期と同様)また,非住宅建築物に係る工事では,内装,空気調和換気設備の工事の受注件数が多い(前年同期は,電気設備,内装)。

★建築物リフォーム・リニューアル工事の平均工期
一戸建住宅で受注額が50 万円未満の工事の場合,平均工期は7.3 日であった。また,事務所で受注額が100 万円未満の工事の場合,平均工期は11.6 日であった。

*詳細はhttp://www.mlit.go.jp/common/000148491.pdfを参照。
*国土交通省HP http://www.mlit.go.jp/